立ち読み師たちの街

襤褸は着ててもロックンロール

Pさん会

Pさん会で酒に関する詩を読む。
前々から詩に興味はあったけれどもこれまでちゃんと読んでこなかったので、今後いろいろ手にしてみたいと思っているところ。
Mさんに初めてお会いし本をオススメできたのも良かった。
 ※
しかしそれは昨日の話で、酒がテーマだけあって、やっぱり、最後には飲み過ぎてしまう。飲み過ぎてしまったにも関わらず、自分は昨日の深夜にblogを更新している形跡があるので(「44th night」)、人間、不思議である。
 ※
ルー・リード死去(2013年10月27日)。
ディスコグラフィーを眺めていたら、エドガー・アラン・ポーを題材にした『ザ・レイヴン』(2003)からメタリカとの共作『ルル』(2011)までかなりの間があったのに驚いた。現役感があったから……とはいえ、確かに考えてみると同世代のニール・ヤングボブ・ディランのような感じで新作を出してはいなかったよな、と思い直した。
近年はメタリカとよく一緒に演っていたようだ。映像を観ると、『ルル』だけでなくメタリカヴァージョンの過去曲も聴きたくなってくる。ところで「Sweet Jane」を聴いていたら、この曲は東京のしゅう&トレモローズのカバーで初めて知ったのを思いだした。好きなんですよね、このサイケデリックっぽいバージョン。

広告を非表示にする