立ち読み師たちの街

襤褸は着ててもロックンロール

adebisi shankの解散

数ヶ月前、adebisi shankというバンドの三作目に触れてこんなことをhttp://d.hatena.ne.jp/kkkbest/20140825/1408968501書きましたが、その翌月には解散を発表していたhttp://adebisishank.tumblr.com/post/98347497488/turning-the-lights-offということを今日知りました。
あらら。
三作目目はまだきちんと聴いてはいないですが、試聴した感じでは確かに、一作目から二作目の飛躍に較べて、時間をかけたにもかかわらず、あまり変化していないような印象がありました。
彼らは皆まだたぶん三十前くらいだと思うので、これからどうするのかしら。
日本版は、ベスト選集として、三作目のボーナス・トラック部分に過去作から十曲入っているようです。
メロディーなんかにちょっと昔のゲーム音楽ぽいところがあって(メンバーの一人は実際にゲーム音楽を作っているらしい)、それをハチャメチャなハードなノリでやっているのが好きだったんですが、ちなみに私は小学校の卒業アルバムに「将来はゲーム音楽を作る人になります」と書いたことがあります。
それでちょうど働き始めたばかりの頃に彼らの一作目が出たので、ためにこれまで何か興味を惹かれていたのだろうか。
というようなことを、いま思いつきました。

This Is The Third (Best) Album Of A Band Called Adebisi Shank

This Is The Third (Best) Album Of A Band Called Adebisi Shank

広告を非表示にする