立ち読み師たちの街

襤褸は着ててもロックンロール

2016-05-04から1日間の記事一覧

佐々木中『切り取れ、あの祈る手を』(河出書房新社、2010)を読んだ。作家の後藤明生さんが「何故小説を書くのか」と自問して「小説を読んでしまったから」と、あの独特の人を食ったような不思議な感じで答えていますね。これは、実は同じことなのですね。…