立ち読み師たちの街

襤褸は着ててもロックンロール

2020-10-14から1日間の記事一覧

加藤典洋『完本 太宰と井伏』

1 この著は文芸評論だが、太宰治の死の謎をめぐる一種の文学ミステリといってよく、興味ふかく読んだ。 本の存在自体はずいぶん前から知っていたが、題材自体はありふれているように感じられ(タイトルも地味だ)、しかしそんな先入観は読み始めてすぐ、木っ…