立ち読み師たちの街

襤褸は着ててもロックンロール

文学フリマ東京参加についての情報

 次回の文学フリマ東京に出店しますので、お知らせいたします。

【日時】
2019年5月6日 11時~17時

【場所】
東京流通センター 第一展示場 オ‐23

【サークル名】
立ち読み会

【頒布物】
『立ち読み会会報誌』第二号(特集・殊能将之〔その二〕)

(既刊『第一号(改訂再版)』とペーパーも持っていきます。)

【内容】
はじめに――殊能将之における「引用」概念
第一部 『ハサミ男』の参考・引用文献
第二部 『美濃牛』の参考・引用文献
第三部 『黒い仏』の参考・引用文献
ボーナストラック「辺鄙な土地(OUTSIDE WORLD)」
編集後記

【判型】
ノベルス版二段組

【ページ数】
166ページ

【価格】
千円

【部数】
70部程度

【表紙デザイン】

 f:id:kkkbest:20190405102241g:plain

 以前にも書いたように、今回は前号の続きというか、『ハサミ男』『美濃牛』『黒い仏』の「参考・引用文献」特集です。

 二百冊くらいある本を熟読したり走り読みしたりしながら、参考・引用されている箇所を特定しようというものです。だいたい90%くらいは特定していると思います。

 インタビューもないので前号以上にニッチな内容ですし、辞書みたいな体裁になってしまったので、やりながら(これ、誰が付き合ってくれるんだ……)という疑念に悩まされましたが、何もなければ当日、印刷物が届くと思います。サンプルを上げておきますので、よろしければ御覧ください